改めて「ホワイトニング歯磨き粉」の安全性について考えてみた

ホワイトニング歯磨き粉にはどんな種類があるの?

通常、私たちが店頭や通信販売で購入できる歯磨き粉で「ホワイトニング歯磨き粉」として売られているものには、大きく分けて2種類のタイプがあります。

酵素成分でホワイトニングするもの

1つ目は、丁寧に汚れを落として新たにつけないことで、食事などによって着色しかかっている歯をきれいにするもの
よくあるものが、酵素入りなどのもの。このタイプを使っている人が最も多いのではないでしょうか?

ですが食べた直後、そして歯ばかりでなく口中の舌などにも食べ物汚れが残らないレベルに丁寧にブラッシングとマウスケアを行わない限り、歯全体が黄ばんできてしまうものなんですよね。
このタイプの歯磨き粉だけでマウスケアを行っている人の多くは、歯医者さんでのプロによるケアも、最低年1回程度は行っておくべきレベルです。

研磨剤で白くするタイプ!効果はあるけど…

昔から販売されている歯磨き粉でも、ヘビースモーカー向けのものなどを中心に、がっちりと歯の表面を研磨する素材が入ったものもあります。
また、海外で長年ヒット商品となっているホワイトニング歯磨き粉の中にも、この研磨タイプの歯磨き粉はかなりの種類があります。

日本でも、輸入雑貨系バラエティショップなどで販売されているものに、かなりの種類があります。
ですが、じっくり時間をかけて、強い力で丁寧に歯を磨く人も多い日本では、この歯磨き粉で表面の汚れだけではなく、エナメル質に細かな傷を憑けてしまうことも少なくありません。

古い製品設計の歯磨き粉が多いこともありますが、中に入っている研磨剤の成分は、現代では安全なものに置き換わっており、飲んだりしても比較的安心な成分がおおくはあります。
ですが、細かな傷のついた歯の表面は、非常に着色しがち。
すぐに別の歯磨き粉の使用を検討したほうが、歯の健康にはよいでしょう。

おすすめは歯を削らないでホワイトニング

大切な歯だからこそ、歯にとって長い目で見て安全な歯磨き粉でしっかりケアを重ねたいものです
日本人の場合、マウスケアをこまめに欠かさない国民性はよく知られているにも関わらず、欧米人に比べて、シルバー世代では歯の残り方がかなり少ないといわれています。

原因の多くは、歯の傷などからくる沁みや神経のトラブル他を原因とする抜歯や虫歯。
だからこそ、365日1日3回以上は使っている「毎日の歯磨き」での歯磨き粉こそ、丁寧に かつ トータルで安全性の高いものを選んでほしいのです。

もちろん、安全なホワイトニング歯磨き粉を選ぶと同時に、ブラッシングなどケア方法も、こまめにセルフチェックすることはお忘れなく♪